悟眞寺では、毎年2月24・25日に行っています。

御忌とは、
1.広辞苑にはこう書いてあります。
ぎょ‐き【御忌】
〓貴人や祖師などの年忌の法会(ホウエ)を敬っていう語。
浄土宗の開祖法然上人の年忌を修する法会。もと陰暦一月一八日夜より二五日まで(今は四月一九日から七日間)。京都知恩院の大法会は有名。法然忌。季・春
一般的には、こんな行事です。
悟眞寺では、毎年2月24日・25日の両日に宗祖法然上人には、阿弥陀様の前までお出ましいただきお供物をお供えしてこの二日間法要を勤めます。
お供物には、法然様がお好きだったと言われております、あずきご飯のおにぎりを檀家の方々で握っていただきお供えいたします。
檀家の方には、「ほうねんさん」で親しまれています。
また、おまいりが終わるとお参りのみなさまに振る舞われます。